親父ライダーの備忘録

親父ライダーの独り言です、バイク以外にも日常感じた事等をアップしていきます

スーパーカブC125のノーマルキャリアにGIVI E43NTLDを取り付け

f:id:gameblogx:20200201174006j:plain

以前の記事にも書きましたが、通勤メインで使用しているC125にはGIVIリアボックスE300N2を取り付けていました

しかし、これだと積載量が少なすぎてヘルメットを更衣室に持っていかなければならない為

もっと大きなボックスが欲しくなりGIVIのGIVI E43NTLを購入しました

容量が43リットルもあるのでボックスが大きく浮いてしまうかな?とも思いましたが取り付けてみると意外としっくり来て気に入っています

内容物

f:id:gameblogx:20200201180029p:plain

私はAmazonマーケットプレイスにて並行輸入品を購入しました

内容物は本体・ワイド汎用ベース・取付金物一式・鍵二個・開閉方法の説明書

取付方法の説明書は入っていませんでしたが取付自体は簡単な為、問題無いでしょう

取付方法

1.キャリアの取り外し

f:id:gameblogx:20200121202430j:plain

キャリアがついたままの状態ではベースを付け辛いので一度キャリアを外しベースを取り付けます

リアショックと共締めしてある14の袋ナットを緩め、後ろの六角穴付きボルトを抜くとキャリアを取り外せます

2.ベース取付

f:id:gameblogx:20200201180550j:plain

ベースを取り付けた状態です、左が上から右が下からみた状態です

取付が前過ぎて背中にボックスが当たるのが気になる為、できるだけ後ろに取り付けています

取付金物のパイプに当たる部分にはゴムのテープを巻いて保護してあります

付属の金物は未塗装の物でしたが、私は以前のモデルに付属していた黒く塗装していた物をそのまま使用しています

f:id:gameblogx:20200201180737j:plain

六角穴付きボルトは短い物と長い物、二種類が付属しています

ナットは緩み防止にOリングが入っているのでナットから少し突き出る物を使用します

f:id:gameblogx:20200201181553p:plain

上カバーをビス止めして完成

3.車体にキャリア取付

f:id:gameblogx:20200201190206j:plain

少し見にくいですが斜め前からの写真

ベースだけの状態だとスマートでボックスを使わない時はこれで走っても違和感はありません

4.ボックス取付

f:id:gameblogx:20200201191244j:plain

ボックス底部前面の爪をベース先端に引っかけてボックスを開けた状態で底の部分を押し込む事で固定する事ができます

ベースをできるだけ後ろにセットしているので背中にボックスが当たる事もありません

ただし、バックパックを背負うとボックスが邪魔になるので気になる方は社外キャリアを購入すると良いでしょう

持ち手とボックスの間には十分な隙間がありますので、センタースタンド掛けの際も持ち手に困る事はありません

5.ボックス容量について

私が使っているカッパはワークマンのイージスシリーズの物で纏めてもけっこうな大きさになり、コンパクトに収納する事ができません

以前の30リットルの物ではカッパとフルフェイスのヘルメットを同時に収納できないのが不満でしたが

f:id:gameblogx:20200201191840j:plain

このボックスだと写真のように綺麗に収納してまだ余裕があります、実際には冬用のグローブも収納しますが十分な大きさでしょう

f:id:gameblogx:20200201192058j:plain

移動時は普段使っているバックパックを写真のように横にして納めています

これだとバックパックを折り畳まないでそのまま積み込めるので痛み防止にもなりますし、バックパック自体にも沢山物を詰める事ができます

まとめ

f:id:gameblogx:20200201193510j:plain

C125に43リットルもの容量のボックスだと不格好ではないか?とも思いましたが付けてみると意外とそのような事もありませんでした

この状態で実際に走ってみましたが、ガタガタ音がする事も無く

幅も車幅より狭い為、運転に気を使うような事もありませんでした

キャンプなどにもこのボックス+サイドバッグなどで十分な積載量を確保できるでしょう

GIVIのボックスは付け外しが簡単にでき、ガタなども無く丈夫で長く使えるので本当に気に入っています

これからも末永く愛用していきたいと思います